【葬儀の後のこと】知っておきたい法要・供養のこと

供養のいろいろ

供養のいろいろの写真

先ほど、法要とは死者の霊を供養する儀式と説明しましたが、じつは供養をすることができるタイミングは法要以外にもたくさんあります。

例えば、日本人の習慣として一般的な「お盆」や「お彼岸」といった時節の行事であったり、「お墓参り」や「仏壇でのお祈り」といった習慣も死者への供養そのものなのです。

「お盆」は一般的に8月中旬(13日〜16日前後)に行うところが多く、そのタイミングでご先祖様の霊が帰ってくるため、仏壇仏具を掃除し、お供え物をしてから迎えることで供養となります。

なお、葬儀後の初めてのお盆は「新盆(にいぼん)」や「初盆(はつぼん)」といい、僧侶を招いて読経を読んでもらうなりして、丁寧にお迎えすることが一般的です。

「お彼岸」は、春と秋に年2回の頻度で行います。
春は春分の日(3月20日か21日前後)を挟んで前後3日ずつの7日間、秋は秋分の日(9月22日か23日前後)を挟んで前後3日ずつの7日間が該当します。
お彼岸では、特に決まった行事はありませんが、お墓参りをしたり、お墓やお仏壇にお供え物をするのが一般的です。
なお、葬儀後の初めてのお彼岸では、特別な行事を行うことはありませんが、通常のお彼岸よりも丁寧に供養してあげるとよいでしょう。

「お墓参り」は、特に決まったタイミングはありません。
思い立った時に、いつでもお参りをすることができます。
足が遠のいてしまう場合は、お盆やお彼岸といった大きなタイミングでお参りしたいものです。
なお、お墓まりにには決められたルールはありませんが、お墓を掃除する、お花や線香や供物を供える、合掌してお祈りする、といった一連の流れは踏んでおきたいですね。

お仏壇でのお祈りは、日々の習慣となるものです。

毎日、手をあわせることで近くに故人を感じることができ、また、見守られている感覚が遺族にとって安心にもつながる習慣といえるでしょう。